ロアッソ2連勝 G大阪U-23に競り勝つ

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-G大阪U-23】前半26分、先制ゴールを決め喜ぶ熊本の北村(13)=えがお健康スタジアム(小野宏明)

 明治安田J3第22節第1日は7日、えがお健康スタジアムなどで6試合を行い、3位のロアッソ熊本は7位のG大阪U-23に1-0で競り勝った。熊本は2連勝としたが、1位の群馬、2位の藤枝も勝ったため、得失点差による順位に変動はなかった。

 熊本は警告累積で出場停止のMF上村周平に代え、MF酒井崇一を起用した4-4-2の布陣。今季の大卒ルーキー4人全員が初めてスタメンに名を連ねた。その1人のFW北村知也が前半26分、FW三島康平のヘディングシュートの跳ね返りを右足で押し込み先制。後半は25分すぎからMF田辺圭佑らを次々に途中投入し、攻め込まれながらも逃げ切った。

 他会場は群馬が相模原を1-0、藤枝は岩手を2-1で破り、熊本を含め勝ち点41で並んだ。4位の北九州もFC東京U-23に2-0で快勝し、勝ち点40で追随した。

 熊本は次節の15日午後1時から青森県八戸市のダイハツスタジアムで八戸と対戦する。