自民・二階幹事長 続投へ決意 派閥結束の必要性指摘

©株式会社フジテレビジョン

9月11日の自民党役員人事で留任が固まっている二階幹事長は、派閥の研修会で、今後に向けた決意を語った。

自民党の二階幹事長は、「重い責任を背負って頑張らないといけないと決意を新たにしている」と語った。

さらに、二階氏は「団結の力で頑張っていかなくてはならない」と述べて、派閥が結束する必要性を指摘した。

一方、下村氏は、安倍首相が目指す憲法改正について、「党を挙げて憲法議論を進めることをぜひやっていただきたい」と語り、人事のあとも幹事長や政調会長を中心に議論を行うべきだとの認識を強調した。

また、留任が固まっている岸田政調会長が憲法改正推進本部長を兼務することについては、「党内での組織が違うので、兼務することはないと思う」と明確に否定した。