東海道新幹線、最終列車繰り上げ

©株式会社福井新聞社

 JR東海によると9月8日、台風15号接近に伴い、東海道新幹線は、概ね午後10時以降、東京駅―三島駅間での運転を見合わせる。そのため最終列車を繰り上げる。また、午後6時ごろから一部の「のぞみ号」を中心に、本数を減らして運転する。

 最終列車は次の通り。

■下り(東京駅発) ・「ひかり号」

  ひかり535号(東京駅 20:33発、新大阪駅 23:29着)

・「こだま号」

  こだま807号(東京駅 20:56発、三島駅 21:51着)

※「のぞみ号」は最終列車の、のぞみ265号まで運転する計画。

■上り(新大阪駅発、東京ゆき)

・「のぞみ号」

  のぞみ414号(新大阪駅 19:23発、東京駅 21:56着)

 ※のぞみ414号は普通車全車自由席で運転する計画。

 ※名古屋ゆきの最終「のぞみ号」は、所定通り運転する計画。

・「ひかり号」

  ひかり480号(新大阪駅 18:43発、東京駅 21:40着)

・「こだま号」

  こだま678号(新大阪駅 17:50発、東京駅 21:47着)

 ※名古屋・静岡・三島ゆきの最終「こだま号」は、所定通り運転する計画。