注文殺到で“数ヶ月待ち” 「ブレーキ踏み間違い事故」を未然に防ぐ3大グッズ

©株式会社マネーフォワード

あおり運転にはドラレコ、ではペダル踏み間違い防止には?

今も毎日、どこかで起きているブレーキペダルの踏み間違いによる事故。そんな悲劇が繰り返されないため、どんな解決策があるのでしょうか? 高齢者の免許返納という一元的なものでは決してなくならないでしょう。

そこで、ブレーキペダルの踏み間違いを解決できるだろうといわれている、いま話題の3タイプの商品を早速試してみました。


ターゲットは後付けタイプ

“ぶつからないクルマ”といった最新の電子制御を装備することは、ある程度の抑止効果があります。しかし問題は少し前の、そうした電子ディバイス機能を装備していないクルマなのです。

高齢者をはじめとした踏み間違い事故が、少し古いクルマで発生率が高いことは、これまでの事故を見ても分かると思います。そこで最近急激に注目度が上がってきているのが“後付け踏み間違い防止装置”なのです。今回はその中からオートバックス・セブン「ペダルの見張り番2」、ナンキ工業「STOPペダル」、ナルセ機材「ワンペダル」の3タイプを試します。

電気的に踏み間違いを感知し、エンジン回転を制御

まずは大手カー用品店が扱うオートバックス・セブン「ペダルの見張り番2」です。2016年からアフターパーツとして発売され、人気商品となっていた初代モデル「ペダルの見張り番」がありましたが、いくつかの改良が施され、今年から「ペダルの見張り番2」にバージョンアップしました。

作動するのは時速0kmから10kmの範囲内、つまり信号待ちや駐車場などで踏み間違いによる誤発進に対応する用品です。制御するのはあくまでアクセルのみで、ブレーキを制御することはありませんから“ぶつからないブレーキ”といったものとは違います。

また、アクセルが電子制御されていない古いクルマ、逆に最新の衝突安全装備のクルマにも、取り付けは基本的に行わないとオートバックスのIR広報部は言っています。

早速、サンプルカーの日産セレナに乗り込んで試してみました。停車状況から一気にアクセルを床まで踏み込むと、タコメーターの針がアイドリング状況から一瞬だけ1千回転ぐらいまでフワッと上昇します。

しかし、すぐにアイドリングの回転数まで針は落ち、アクセルを踏み続けても上昇しません。一方でクルマはクリープほどの速度で前進を続けますが、同時にドライバーにはブザーとランプによって“踏み間違っていること”を知らせてくれるのです。

通常ならばここでドライバーが踏み間違いを認知してペダルから足を離すはずですから、暴走は避けられる事になるのです。そして例え踏み間違っていることの認知が遅れたとしても、先行車にクリープの速度でコツンと当たる程度で終わります。暴走事故か、軽い物損事故か。その差は天と地ほどの差があるわけですね。

またパニックになったとき「アクセルとブレーキが同時に踏まれる事があります。その場合はブレーキ動作が優先され、アクセルは制御されます」と広報担当者は回答。このブレーキ動作が優先される『ブレーキオーバーライドシステム(BOS)』を備えることでも誤発進は防止できることになります。

その操作感は不自然さがほとんど無く、アクセル操作をごくごく普通に操作しているときは作動することもありませんでした。少し気になったのは踏み間違いが起きた際のブザーの音量が少し小さいことと、パイロットランプが小さいことぐらいでした。あくまでもアクセルの制御を行うのは極低速での踏み間違いがあった場合で、時速10kmを越える速度では作動しないということは理解してください。

あと脇道から幹線道路への合流などで“どうしても急加速が必要な場合”のことも気になるかもしれませんが、このシステムにはスイッチ操作によってワンタッチでキャンセルできる機能もあります。デフォルトでは作動する状況ですが、急加速が必要なときにはキャンセルすればいいので使い勝手に大きな不便はないと思いました。

実際の取付けですが、車種にもよりますが時間は90分ほどで、価格は本体+車種別ハーネス、そして工賃込みで43,200円(参考価格)です。国産車の210車種ほどに対応しているのでメーカーにお問い合わせください。ただ、現在は注文や問い合わせが殺到している状況で、最大だと2ヶ月以上のウエイティングが発生す場合もあるということです。

構造はいたってシンプル。ほとんど車に取り付け可能!

次はナンキ工業の「STOPペダル」という商品です。「2010年頃から開発を進めてきました。誤発進による事故をゼロにしたい、それが目的です」とナンキ工業の南平治社長が思いを語ります。構造は非常にシンプルでアナログです。

ブレーキとアクセルのペダルレイアウトは従来と変わりません。ペダルを踏み間違え、アクセルペダルを強く踏み込んだ時にだけ、アクセルペダルとしての役割が解除され、瞬時にブレーキペダルと機械的に変換されブレーキペダルとつながるという構造です。もちろん普段はいつも通りにブレーキペダルとアクセルペダルは使えるシステムですから見た目の違和感はあまりありません。

そんな説明を受けたのですが、構造だけでなくいくつかの不安は払拭できませんでした。懸念事項はアクセルをどんな踏み込み方をすると作動するのか? そして急ブレーキになった場合に後続車から追突される危険性は?などでした。そこで早速、サンプルの軽ワゴンに乗り込んで試乗しました。

まず、走り出しで踏み間違いを再現して、床までアクセルをガツンと踏み込みました。これでアクセルペダルのストッパーが外れ、ブレーキペダルとアクセルペダルが繋がるため、アクセルペダルを踏み込んでもクルマは確実に停車しました。

さらに驚いたのは停車そのものも、急激にガツンと一瞬にして止まる急停車ではなく、予想よりもソフトにすーっと自然に停車してくれました。この状態で追突されたなら、それは後続車の責任になるような停まり方ですから、追突の懸念も払拭できました。もちろん、アクセルペダルから足を離せば、元の状態に戻るため、不便はありません。

ごく普通に日常的なアクセルを操作したり、例え少々強めの加速のためにアクセルを煽った程度では、作動しないことも試して分かりました。当然、普段の運転ではほとんど違和感なく運転できます。要するにドライバーがアクセルをブレーキペダルと思い込んで、全力で踏み込んだようなときにのみに作動する感じです。もちろん車検にも対応しています。

またこのシステムにもワンタッチのキャンセルスイッチが装備されています。高速道路での合流など急加速が必要な場合、さらには坂道発進など強く踏み込む可能性のある場合は、念のためにキャンセルすることもできます。

試乗してみて、ごく普通の運転での加速(もちろん合流などの強めの加速)で、このSTOPペダルが作動することはなかったため、このキャンセルボタンはあまり必要ではないかもしれないとも感じました。現在はやはり問い合わせ殺到で、数ヶ月のウエイティング状態であるそうです。価格は9万9800円+税。工賃は車種によって差はありますが概ね2~4万円ということだそうです。

アクセルとブレーキをひとつにまとめたアイデア

このナルセ機材の「ワンペダル」は、その名の通り、ブレーキとアクセルペダルを改良によって一体化し、ひとつのペダル化したアイデア商品です。大きなブレーキペダルと、その右側に横にスライドさせて操作できる棒状のアクセルペダルを取り付ける構造です。「普段は右足を横にずらしながらアクセル操作し、ブレーキングは通常通り踏み込んで行う。つまり踏み込むのはブレーキの時だけであり、踏み間違いもなくなるわけです」とナルセ機材広報部は言います。これならば踏み間違い自体が起きないことになります。

アクセル操作のコツは「足先だけで操作するのではなく、膝を右に開く感じで操作するとよりスムーズに走れるでしょう」と広報担当。実際に試乗してみると確かに“踏み込んでブレーキ、横にずらしてアクセル”という、これまでとは少々違う操作は最初ギクシャクしました。でも10分程度、走行しているうちに、その操作感に慣れ、ごく普通にドライブが出来るようになっていました。

このワンペダルを装備しているタクシードライバーさんも「この装置を装備して8年ほど。もう手放せません。乗客の方にもパンフレットなどを渡して勧めています」という。

なんとこれはナルセ機材に依頼されたわけではなく、ドライバーさんのボランティアだそうです。試乗を終え、ひとつ心配がありました。それは足がブレーキペダルの上に常時ある構造ですから、ブレーキが知らず知らずのうちに作動しているような、いわゆる“引きずり”のようなことにはならないか?ということでした。ところがワンペダルはその点の対策も講じてあり、通常の運転では起きない構造になっているという。

こちらも現在、問い合わせや注文が殺到。ペダル自体を交換してしまうため、価格は右足用で税込み183,600円(車両持ち込みの場合・取り付け工賃別)。

使ってみたおすすめは?

さて以上3点、それぞれに効果を実感でき、踏み間違いによる事故対策品としては十分に使えると思います。

ではおすすめ順ですが、色々と考え方はあるでしょうが予算を最優先するならオートバックス・セブン「ペダルの見張り番2」、ナンキ工業「STOPペダル」、ナルセ機材「ワンペダル」という順になります。

効果の確実性から言うと、真逆のお薦め順となります。

違和感のない操作性から言うと「ペダルの見張り番2」といえますが、やはり誤発進のみと作動が限定的と言うことを考慮しなければいけません。

一方で高額な「ワンペダル」はどんな状況でも作動の確実性は高いのですが“慣れ”を要することが少し気になります。他人に運転を代わってもらうと言ったこともやりづらいと思います。また、このシステムになれたユーザーが一般車に乗り換えたときに、逆に危険という懸念もあります。もっともバランスがいいのは「STOPペダル」ということになるでしょう。これまであった車に後付けもできるという点とローテクだからこそシンプルで、そして確実に作動することが、大きな安心に繋がると感じたテストでした。

今後、自治体が補助金などを検討する可能性も出てきていますから、予算や実用性などのことを考えて、選択してほしいと思います。

※価格はあくまでも参考価格です。車種や構造などによって差が出ますので必ず問い合わせをお願いします。