クマの足跡と食害発見

登別市札内町

©株式会社室蘭民報社

 7日午前11時半ごろ、登別市札内町の日本工学院北海道専門学校から北側600メートルのデントコーン畑で、ヒグマのふんやデントコーンの食害が発見された。同日正午、北海道猟友会室蘭支部が現地を確認したところ、多数の足跡も見つかった。市によると、前足の幅が18センチあり、体長2.5メートルくらいの雄1頭とみられる。市や猟友会は周辺に箱わな設置。地域住民や近隣事業所などに対し、広報車による周知のほか、市消防署によるパトロールを行い、注意を呼び掛けている。