JR東日本、首都圏在来線を9日始発から午前8時まで運休へ 運転見合わせ長引く路線も

©Traicy Japan Inc,

JR東日本は、台風15号接近に伴う運転計画を発表し、あす9月9日の始発から午前8時頃まで首都圏在来線全路線を運休する。

台風が通過し、風雨が収まった後線路点検を実施することから、始発から午前8時頃まで山手線・京浜東北線など首都圏の在来線全路線で運転を見合わせる。安全確認ができた路線から順次運転を再開するが、運転再開後も、通常より大幅に運転本数が減ることが見込まれるとしている。また、安全確認の結果、被害等が認められた場合は、運転再開まで更に時間を要する可能性があるとしている。

なお、同社千葉支社は、京葉線・久留里線(木更津駅~久留里駅間)については午前10時頃まで、内房線(君津駅~安房鴨川駅間)・外房線(上総一ノ宮駅~安房鴨川駅間)・総武本線(佐倉駅~銚子駅間)・成田線(成田駅~銚子駅間)・鹿島線は正午頃まで、久留里線(久留里駅~上総亀山駅間)は午後6時頃まで運転を取りやめる予定と発表した。その他、特急列車も一部運休する。成田エクスプレス号は、別途運転計画を発表する。