東海道新幹線、9日は安全確認後運転開始へ 始発から運休・遅延の恐れも

©Traicy Japan Inc,

JR東海は、台風接近の影響で計画運休した東海道新幹線の、あす9日の運転計画について発表した。

台風15号接近に伴い、きょう8日は夕方以降、計画運休を実施した。9日の運転に関しては、台風15号の風雨が弱まり次第、線路設備などの安全確認作業を行うとしている。そのため、始発より一部の列車に運休・遅れ・行き先変更が発生する場合があるとしている。運転開始は、安全確認が取れ次第となる。

詳しい運転計画は、9日午前6時頃に発表する予定としている。