【台風15号接近】神奈川の鉄道各社、9日始発から計画運休

©株式会社神奈川新聞社

改札口前で運転開始を待つ駅利用者=9日午前6時55分、横浜駅

 台風15号の接近・通過に伴い、神奈川県内に路線を敷く鉄道各社は、9日始発からの運行を見合わせるなどの対応を取った。線路点検などを行い、具体的な被害が確認された場合は運転開始までさらに時間がかかる可能性がある。

 JR東日本横浜支社管内では、始発から午前8時ごろまで、東海道線、横須賀線、京浜東北・根岸線、南武線、横浜線、相模線、鶴見線、伊東線が全線運休する。湘南新宿ラインは午前中の運転を取りやめ、上野東京ラインは午前中は上下線とも東京、上野で折り返し運転を行う。

 都内でも山手線や中央・総武線などが運転を見合わせる予定で、台風の接近前に同社が首都圏全路線で始発からの運休を発表するのは初めて。

 JR東海は、御殿場線沼津-国府津間で始発から運転を見合わせる。

 東急電鉄は各線で始発から運転を見合わせたが、午前8時ごろまでに全線で運転を再開した。

 小田急電鉄は小田原線と多摩線の運転を午前9時半に再開。江ノ島線は相模大野―長後間の運転を午前9時半に再開した。長後―片瀬江ノ島間は未定。

 箱根登山鉄道は、始発列車から運休する。

 京急電鉄は、始発から運転を見合わせている。

 相模鉄道は始発から全線で運転を見合わせている。

 横浜市営地下鉄はブルーライン、グリーンラインとも通常の8割程度の本数で運転している。