【台風15号】神奈川県内各地に土砂災害警戒情報

©株式会社神奈川新聞社

 降り続く大雨のため、土砂災害の恐れが高まったとして、神奈川県と横浜地方気象台は9日午前4時45分、横浜市北部、同市南部、川崎市に土砂災害警戒情報を発表した。これまでに、平塚、小田原、秦野、横須賀、逗子、三浦の6市と大磯、二宮、中井、大井、葉山の5町に同情報が発表されている。

 同情報は5段階の警戒レベルで、避難が必要とされる「レベル4相当」の情報。「土砂災害警戒区域などでは、命に危険が及ぶ土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況」としている。