令和元年度 市民税・県民税納税通知書の送付

島根県雲南市 市報うんなん2019年8月号

©株式会社VOTE FOR

市民税と県民税を合算した税額を6月に通知しました。納税額の4割分は県民税として県へ納入しています。

1.納める方
○1月1日に雲南市に住所があった方
○1月2日以降に転出された場合にも1月1日の住所地で課税されます。
また、1月2日以降に亡くなられた場合には相続される方が納税義務を引き継ぐことになります。

2.市県民税がかからない方
○生活保護法による生活扶助を受けている方
○障害者、未成年者、寡婦または寡夫で前年中の所得が125万円以下の方(給与収入だけの場合は年収が204万4,000円未満のとき)

3.住民税の内訳
市県民税=均等割(5,500円)+所得割(税率10%)

○均等割
~平成25年度 4,500円(市民税3,000円、県民税1,500円(※))
平成26年度~令和元年度 5,500円(市民税3,500円、県民税2,000円(※))
東日本大震災を踏まえ全国の自治体が緊急防災事業の財源を確保できるよう、地方税の臨時特例に関する法律に基づき、平成26年度から令和5年度まで市・県それぞれ500円ずつ加算されています。

※県民税のうち500円は「水と緑の森づくり税」です。実施期間は平成17年度~令和元年度で県民参加の森づくり事業や森の再生事業に充てられています。
・均等割がかからない方(前年の所得が右側の金額以下の方)
(1)控除対象配偶者、扶養親族(以下、扶養親族等)がいない方:280千円
(2)扶養親族等がいる方:280千円×(扶養親族等の人数+1)+168千円

○所得割 税率10%(市民税6%、県民税4%)
・所得割がかからない方(前年の所得が右側の金額以下の方)
(1)扶養親族等がいない方:350千円
(2)扶養親族等がいる方:350千円×(扶養親族等の人数+1)+320千円

《均等割・所得割のかからない所得の基準》

※4人以上のときも同様に計算します。

所得割は非課税となる場合を除き、所得控除、税額控除等を追加(所得税申告、市県民税申告)することにより税額が減少します。
納税通知書は給与天引きの方は事業所を通じて、それ以外の方(年金、事業所得等の方)は6月中旬にそれぞれ通知をしています。上記を参考にご覧ください。