みんな何を買ってる?消費増税前「駆け込み消費」急増ランキング

©株式会社マネーフォワード

いよいよ来月に迫ってきた、消費税率の8%から10%への引き上げ。各種報道でも増税前の駆け込み消費に関連したものが増え、まとめ買いをしている人も増えてきた印象があります。

では、多くの人はいったいどんなものを駆け込みで購入しているのでしょうか。インターネット通販・楽天市場の販売データを参考に、駆け込み消費の現状を分析してみます。


駆け込み消費のトップ3は?

駆け込み消費といえば、どんな商品を思い浮かべるでしょうか。日持ちのする生活必需品を大量に購入するイメージを持つ人も少なくなさそうですが、実際のデータを見てみると、意外な結果となりました。

楽天市場で8月1~20日に売れた商品を対象に、前年同期との比較で売り上げが大きく伸びた順に並べたものが下のランキングです。

1位は、なんとカレンダー。特に、タレントやアニメキャラクター関連の商品の動きが良いといいます。こうしたジャンルでは、保存用や鑑賞用、サインを書いてもらう用など、用途に応じて複数を購入するケースが多く、増税前にまとめ買いをしておこうというニーズが高まっているそうです。

2位は、ゲーム用機器。増税前のタイミングで大型タイトルや最新ハードが相次いで発売されることに加え、10月には茨城国体でeスポーツの都道府県対抗戦が開催されたり、高齢者施設で痴呆の進行防止用途で取り入れられたりと、注目を浴びていることから、需要が大きく伸びた格好です。

3位のリフォームは、ネット通販の置き配サービスが拡大していることもあり、郵便受け周りのマーケットが伸びているとのこと。また、10位以内には入りませんでしたが、11位の車・バイク関連サービスでは、煽り運転対策のドライブレコーダーや、冬用タイヤが売れているそうです。いずれも高額商品であることから、増税を機に潜在需要が顕在化したとみられます。

ミドル以上の女性が駆け込みやすい傾向

楽天市場のトレンドハンター・清水淳さんによると、消費税率が5%から8%に引き上げられる直前の2014年3月には、男性よりも女性のほうが駆け込み購入の意向が高く、40歳以下よりも41歳以上で駆け込み購入をした人の比率が高かったといいます。

こうした傾向は、今回も徐々に表れ始めているようです。14位にランクインした韓国コスメは、日韓関係の悪化を受けて韓国商品が少なくなるという不安も手伝い、需要が伸びているようです。同様の理由から、K-POP関連グッズも売れているといいます。

また、15位にはオーダーメイドのレディースファッションが入っています。こちらは高額商品となるため、価格に敏感な家庭を持つ女性が駆け込み購入に走っているようです。

一方、前回の増税前と異なるのは、前回が春だったのに対して、今回は秋である点。9月は運動会などのスポーツイベントが多いのに加えて、今年はラグビーワールドカップが日本で開催されます。

こうした理由から、4位にはブルーレイがランクイン。増税前のまとめ買いで需要が盛り上がっており、特にスポーツ関連のブルーレイが前年同期比1万0,258%増と驚異的な売れ行きの伸びを示しています。

また、6位に入ったプロジェクターは、スポーツの迫力ある映像を大画面で見たいというニーズが背景にあるそうです。自宅の庭などでグランピング仕様で大画面で視聴する人も出てきているといいます。

これから顕在化しそうな需要は?

ランキングにはまだ表れていないものの、検索動向や過去の傾向から、今後の需要の伸びが見込めそうな商品もあります。

今回の増税で特徴的なのは、食料品などの一部で軽減税率が適用される点。ただし、外食については対象外となり、10%の税率が適用されるため、外食の需要低下が考えられます。

こうした状況から、冷凍食品や大型の冷蔵庫、保存容器、調理器具などの消費が高まりそうだとみられます。買い替え需要に加えて、新規に買おうと思っていた潜在需要が、増税をきっかけに顕在化するという想定です。また、外食の機会が減り、自宅にいる時間が増えるので、食洗器などの家事時短商品の需要も増加しそうだと考えられます。

一方、過去の傾向から、今後の需要の伸びが見込まれる代表例が、コンタクトレンズです。前回の増税時は通常であれば1回に1箱だけ購入していた人が2箱購入するケースが増えたため、今回も同様の動きが起こり、清水さんの試算では通常の2.2~2.3倍の売れ行きとなりそうです。

前回同様、まとめ買いが見込まれるコンタクトレンズ

化粧品にも同様の傾向がみられそう(試算:1.2~1.8倍)。化粧品やコンタクトレンズは、キャッシュレス決済でポイント還元の対象となる中小の事業者では取り扱いが少ないため、いっそう駆け込みが起きやすい状況だといいます。

また、ペット関連グッズも、これから売り上げが伸びていきそうです(試算:1.4~1.7倍)。ペットフードは食品に該当しないため、税率は10%が適用されます。また、ペット愛好家の間でSNSなどによって情報が拡散されやすい傾向があり、ペットシーツなどの駆け込み購入も想定されます。

駆け込む際の注意点

季節的な要因で駆け込み購入が起こりそうなのが、マスク。例年インフルエンザ対策で需要が伸び始めるのが9月ということもあり、そこに増税前のまとめ買い需要が加わると、一気に消費が拡大する可能性があります。

また、ネットでの予約販売が増えてきたおせち料理にも、駆け込み消費が起こる余地があります。というのも、器にこだわったものだと食品には該当せず、10%の消費税率が適用される可能性があるからです。早いものだと9月から予約の受付を開始するところもあり、今年はおせち商戦の早期化も考えられます。

駆け込みによる恩恵が大きい高額消費は、今年は史上最長10連休のゴールデンウィークで多額の出費をしてしまったため、5~6月は大きな落ち込みがみられました。ただ、ボーナスの支給以降は回復してきているといいます。

需要の伸びが期待される古い紙幣

こうした状況から、美術品・骨董品の駆け込み購入も期待されています(試算:1.4~1.5倍)。特に今年は新紙幣の発行が発表されたため、古い紙幣の取引が増加しそうだということです。

一方で、駆け込み購入をするには注意点もあります。そのうちの1つが注文のタイミング。9月中に注文したとしても、商品出荷が10月になってしまうと、消費税率は10%になってしまいます。また、9月の後半になれば、小売り側で在庫切れになってしまう懸念もあります。

消費増税前の買い物にあたっては、無駄遣いではないかという冷静な視点を持つとともに、うっかり時間切れにならないため、自分の中でしっかりと期限を決めて検討するのが吉といえそうです。