SixTONESジェシー&髙地優吾、デビュー決定の喜びを噛みしめる「やっと先輩の土俵に」

©株式会社ドットレンド

ジャニーズJr.内ユニット・SixTONESのジェシーと髙地優吾が8月31日放送のラジオ『らじらー!サタデー』(NHKラジオ第1)に出演。2020年にCDデビューすることが決まった心境を明かした。

SixTONESは8月8日に行われたジャニーズJr.の単独コンサートにて2020年にCDデビューすることが発表された。デビューについて髙地は「Jr.やってきて10年以上経つわけじゃない。やっとなんか先輩の土俵に登れる」としみじみ。ジェシーはジャニーズJr.だからこそやれることもあったと話し「もちろんデビューのことは考えてたけど、まさかこのタイミングで本当にデビュー出来るんだ、っていうのはありましたね」と心境を明かした。

デビューが決定して一番うれしいことを髙地は「手元に残せるものとして(CDが)ファンの元に行くっていうのが」と告白。ジェシーもそれが一番うれしいと同調し「カラオケでも歌えますしね」と付け加えた。

先輩からの祝福について髙地は「うれしかったのはやっぱり入った当時から一緒の山田くんとか八乙女くん、知念くん」と自身が出演する日本テレビ系バラエティ番組『スクール革命!』の共演者の名前を列挙。髙地は同番組のオーディションでジャニーズ事務所に入所したこともあり、共演しているHey!Say!JUMPの3人には特別な感情がある様子を見せた。続けて「知念くんは東京ドームまで観に来てくれたし、そのお三方にはすごく、自分の心の中でもうれしかったな、って」と明かし、喜びを噛みしめた。