吉岡里帆が過ごした夏。NGT48・本間日陽は劇場公演再開への思いを告白!

©株式会社東京ニュース通信社

主演映画「見えない目撃者」、ヒロインの声を務めた映画「空の青さを知る人よ」の公開を控え、そして10月スタートの金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」(テレビ朝日系)に出演が決まっている吉岡里帆が、「blt graph. vol.47」(9月11日発売)の表紙に登場。

同誌の表紙を最も多く飾っている吉岡が、忙しく過ごした今夏、夏休みを取り返すかのように、プールで遊んだり、かき氷器で氷をけずって食べてみたり、スイカにかぶりついてみたりと、無邪気に過ごす姿を写し出しているほか、薄暗い部屋の中、切ない表情でしっとりとたたずむ姿も捉えている。

また、インタビューでは、自身にとって難役となった「見えない目撃者」の主人公・浜中なつめについて、視力を失った女性警官という役にどう向き合い、作品に挑んだのかを吐露。プライベートにまつわるエピソードにも触れている。

巻末には、NGT48・本間日陽のロンググラビアとともに、1万字インタビューを掲載。劇場公演再開に至るまで、どのような日々を過ごして、何を考えていたのか、自身の思いをありのままに告白する。