台風15号北上 東北南部河川増水や高波の恐れ

©株式会社河北新報社

台風の影響で時折激しい雨が降る中、通勤する人たち=9日午前8時40分ごろ、仙台市青葉区中央1丁目

 強い台風15号は9日午前5時前、千葉市付近に上陸し、暴風域を伴って東北沖に向かった。上陸直後の中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートルで、関東に上陸した台風としては統計開始から最強クラス。東京都世田谷区で強風にあおられたとみられる50代女性が死亡、各地で30人以上がけがをするなどの被害、交通の乱れが相次いだ。(3面に関連記事)

 気象庁によると、伊豆諸島・神津島で8日夜に最大瞬間風速58.1メートル、9日未明に千葉市で57.5メートル、羽田空港で43.2メートルを観測。静岡県伊豆市では9日未明、1時間に109.0ミリの猛烈な雨が降った。

 仙台管区気象台によると、東北での9日午前11時までの最大瞬間風速は、いわき市小名浜25.2メートル、福島県東白川23.5メートル。同時刻までの24時間降水量は福島県古殿108.5ミリ、いわき市平101.5ミリ、宮城県丸森町筆甫61.5ミリ。9日に予想される最大風速は太平洋側南部の海上30メートル、陸上18メートル。

 東北南部では9日夕方にかけ、雷を伴って1時間に40ミリの激しい雨が降り、一部では1時間に50ミリの非常に激しい雨となる見込み。管区気象台は、引き続き暴風や土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けている。河川の増水と氾濫、低い土地の浸水や高波にも注意が必要。

 首都圏では9日朝からJR在来線が始発から計画運休するなど、ダイヤが大きく乱れた。東海道新幹線は始発から一時運転を見合わせ、東北、秋田、山形、上越、北陸の各新幹線でも遅れが出た。

 JR東日本によると、宮城県内の在来線は東北線で上下計9本が運休し、約3350人に影響が出た。仙台空港を運営する仙台国際空港によると、仙台発着の国内線計15便が欠航した。

 仙台市教委や宮城県教委によると、県内では小中高校と特別支援学校の計95校が臨時休校した。