【台風15号】首都圏の電車、午後も入場規制続きで「出社諦めた」相次ぐ 津田沼では駅をはみ出し長蛇の列「まるで夏コミの待機列」

©株式会社グローバルウェイ

「電車の混雑で気持ち悪くなった」と体調不良を訴える声もありました。(画像はイメージ)

台風15号の影響で、関東の公共交通機関では9月9日、大幅な遅れや運休が相次いでいる。JR山手線は当初、8時に運転を再開する予定だったが、品川駅と大崎駅の間で起きた倒木の影響でずれ込んだ。10時過ぎに復旧したものの、各駅の混雑は解消していない。

上野駅の山手線、京浜東北線のホームへの入場規制は、13時を回っても続いている。ツイッターでは続く混雑を受け、「出社は諦めた」「今日は仕事休みだな」などの声が相次いでいる。

井の頭線は2か所で倒木 「運転再開にはかなりの時間を要する」

JR総武線は三鷹駅~幕張駅間で運転を再開したが、遅れが出ている。津田沼駅では大勢の人が改札に殺到し、長蛇の列ができた。列は駅周辺の公園や建物の辺りまで及んでおり、ネットでは「完全に夏コミの入場待機列」などの声が出ている。幕張駅~千葉駅間の運転再開は18時頃を予定している。

武蔵野線は10時台に西船橋駅、北朝霞駅で入場規制を行った。運転は再開したものの、上下線で遅れと運休が出ている。

京浜東北線、横須賀線は14時の運転再開を見込んでいる。京浜東北線では10時30分時点で大船駅、蕨駅、川口駅、秋葉原駅で入場規制を行った。JR東日本のサイトはアクセスが集中していて、タイミングによっては閲覧できないこともあるためか、ツイッターでは、「13時を過ぎても蕨駅で入場規制が続いている」「規制は解除された」など、情報が錯そうしている。

京王井の頭線は、2か所で倒木が見つかったため、運転を中止している。京王電鉄は「再開にはかなりの時間を要する」としている。他社線の運転本数も減っていることから、振り替え輸送は行っていない。