エルトン・ジョンのキャリア50周年を記念した特別切手が発行。ソロミュージシャンとしてはボウイ以来2人目

©ユニバーサル ミュージック合同会社

エルトン・ジョンのキャリア50周年を記念して、イギリスで郵便事業を営むロイヤル・メールが、彼の音楽的功績を讃える特別切手を発行した。ソロのミュージシャンとしては、2017年のデヴィッド・ボウイに次ぐ2人目の名誉となる。

新たに発売された8枚のエルトン切手には、エルトン・ジョンにとってブレイクのきっかけとなった作品で、あの伝説の「Rocket Man」を収録した1972年のアルバム『Honky Chateau』を筆頭に、「Bennie And The Jets」「Saturday Night’s Alright For Fighting」「Candle In The Wind」など多くの名曲を収録した1973年の『Goodbye Yellow Brick Road』、1974年の『Caribou』、1975年の『Captain Fantastic And The Brown Dirt Cowboy』、『Made In England』、そして2001年の『Songs From The West Coast』など、彼の人気作品のジャケット写真が採用されている。

また、ミニ・シートで販売されている4つの切手には、1973年のロンドン“ハマースミス・オデオン”公演、1975年のロサンゼル“ドジャー・スタジアム”公演、2012年にエリザベス女王の即位60周年を記念してバッキンガム宮殿にて開催された“ダイヤモンド・ジュビリー・コンサート”、そしてキャリア最後のツアー<Farewell Yellow Brick Road tour>から、2018年のニューヨーク“マディソン・スクエア・ガーデン”公演と、エルトン・ジョンのキャリアを彩る伝説的コンサートからのライヴ写真が採用されている。

エルトン・ジョンは、「ロイヤル・メールから連絡をもらった時、本当に驚きました。僕が切手になるなんて思ってもみませんでしたから。素晴らしいことですし、大変光栄です」とコメントしている。

ロイヤル・メールのフィリップ・パーカーはこう語った。「エルトンは史上最も成功した英国人ソロ・アーティストのひとりです。 ‘Candle In The Wind’や‘Rocket Man’など最も世に知られた名曲の数々を生んできました。本日発売になったこの切手は、彼のアイコニックな代表作を紹介し、その素晴らしい音楽的功績を讃えるものです」。

ロイヤル・メールからの初の記念切手は、1924年にブリティッシュ・エンパイア・エキシビションの開催に合わせて発行されていたが、1965年に、当時の郵政公社総裁だったトニー・ベンが切手デザインに関する新基準を定めるまでは、非常に稀なことだった。以降は、毎年6〜9種の記念切手が発行されるようにはなったが、イギリス王室、もしくは大きな功績を残したスポーツ選手以外で、人物が切手に登場することはほとんどなかった。

Written By Tim Peacock