来春朝ドラ「エール」に唐沢寿明、山崎育三郎、森山直太朗らの出演が決定

©株式会社東京ニュース通信社

2020年春スタートのNHK連続テレビ小説「エール」の主な出演者が発表され、俳優の唐沢寿明、山崎育三郎、歌手の森山直太朗らの出演が決まった。

ドラマは、昭和の音楽史を代表する福島県出身の作曲家・古関裕而氏と妻で歌手の金子(きんこ)氏をモデルに、主人公の古山裕一(窪田正孝)と後に妻となる関内音(二階堂ふみ)が二人三脚でヒット曲を生み出すストーリー。裕一の生まれ故郷・福島ゆかりの人々が発表され、唐沢が裕一の父・古山三郎、山崎が幼なじみ・佐藤久志、森山が恩師・藤堂清晴を演じるほか、母・まさ役の菊池桃子、弟・浩二役の佐久本宝、祖父・権藤茂兵衛役の風間杜夫、幼なじみ・村野鉄男役の中村蒼の出演が決まった。

唐沢は「3回目の連続テレビ小説の出演となりますが、“昭和”“平成”“令和”とそれぞれの時代で出演させていただけることはとても光栄です。連続テレビ小説は時代が変わっても、どこか変わらない空気が流れていると感じます」と喜びを明かし、「主役の窪田くんは数年前に共演してからいつも頑張っている姿を間近で見ていたので、今回、自分が何か力になれることがあるなら喜んで参加したいと思いました。役柄の父親としても成長する姿を見守っていきたいと思います」と意気込んでいる。

また、連続テレビ小説初出演となる山崎は「古関裕而さんの親友で、日本を代表する歌手・伊藤久男さんをモデルにした佐藤久志として出演させていただきます」と役どころを明かし、「憧れの連続テレビ小説初出演、大変光栄に思います。子どもの頃から芝居と同じだけ歌を歌ってきた僕にとって、この役との出会いは宝です」と意欲をアピール。

同じく連続テレビ小説初出演の森山も「台本を読んで、自分にとってはモノクロームな時代を生き抜いた音楽家・古関裕而さんの葛藤と成長、そしてそれを取り巻く人々の活気ある姿が確かな色彩を持って感じ取れました」と音楽の世界を生きることになる裕一の物語に引き込まれているようで、「劇中にもたびたび出てくるオルガンやハーモニカを奏でるように、スタッフや出演者の皆さんと一つ一つ感情を積み上げていけたらなと思います」と訴えている。