台風の交通網マヒでも出社する人は「マジ社畜」か? 台風15号の関東直撃で改めて大激論

©株式会社ジェイ・キャスト

台風で電車が止まっても出社するべきかどうかで、きのう9日(2019年9月)からSNSに意見があふれている。「台風のたびに思うけど、『出社自己判断』ってマジ社畜だなと思う」が代表的で、台風15号の首都圏襲来を機に賛否両論が飛びかい始めた。

出社反対派は「みんな休め。台風なのに出社するから『できる』ことになっちゃう」「大変な思いをして疲れて出社しても、いいパフォーマンスなんてできない」

「台風を理由に遅刻する奴なんて部下にしたくない」

賛成派は「前日からわかっているのだから、ホテルに泊まったり、歩いたりして出社は当たり前」「台風を理由に言い訳して遅刻する人間と、定時出社して遅刻者の分まで仕事する人間のどちらを部下にしたいか」

司会の羽鳥慎一「きついなあ、これを上に言われたら恐ろしいですね」

青木理(ジャーナリスト)「電車が計画運休しても。翌朝予定時間に再開しなかったから混乱した。計画運休をもう少しきちんとしてほしい」

台湾では台風が接近すると、自治体が会社の休みも決定する。「8月23日から25日も、台風11号でこれを実施したそうです」と斎藤ちはるアナが紹介した。

菅野朋子(弁護士)「国や自治体が決めるのはどうかと思うが、決めないと(会社に)行っちゃいます」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「日本のサラリーマンはいまだに滅私奉公すると評価される部分がある。我々が会社に何を提供するのかが変わらないと、台風でも駅に殺到する」

羽鳥「皆がうーんと思う問題だなあ」