週間最優秀選手はレイズ・メドウズとDバックス・マーテイ

©MLB Advanced Media, LP.

日本時間9月10日、メジャーリーグ機構は2019年レギュラーシーズン第24週の週間最優秀選手を発表し、ア・リーグはオースティン・メドウズ(レイズ)、ナ・リーグはケテル・マーテイ(ダイヤモンドバックス)が選出された。両選手とも今季は大ブレイクのシーズンを過ごしており、メドウズは今季2度目、マーテイは自身初の受賞となった。

メドウズは、7試合に出場して打率.522、4本塁打、8打点、出塁率.593、長打率1.130の好成績をマークし、開幕直後の第3週に続いて今季2度目(通算2度目)の週間最優秀選手に選出された。昨季メジャーデビューを果たしたメドウズは、昨季途中にトレードでレイズに加入し、今季は開幕からレギュラーとして活躍。ここまで122試合に出場して打率.288、28本塁打、78打点、10盗塁、OPS.911と期待以上の成績を残している。今季、週間最優秀選手に選出されたレイズの選手は、メドウズとネイト・ロウの2人だけである。

一方のマーテイは、好調・ダイヤモンドバックスを牽引する存在の1人となっており、第24週は6試合に出場して打率.542、4本塁打、14打点をマーク。ダイヤモンドバックスでは、ニック・アーメッドとエドゥアルド・エスコバーに続いて今季3人目の週間最優秀選手受賞者となった。昨季まではメジャー4年間で通算22本塁打の非力な打者だったマーテイだが、今季はすでに32本塁打と一気に長打力が開花。ナ・リーグ最多となる178安打を放つなど、主に二塁とセンターの2ポジションをこなしながらも、打率.328、32本塁打、91打点、OPS.982という素晴らしい成績を残している。