ブレーブスがフィリーズを撃破 今季90勝に到達

©MLB Advanced Media, LP.

【ブレーブス7-2フィリーズ】@シチズンズバンク・パーク

ナ・リーグ東部地区の首位に立つブレーブスは、今日から敵地シチズンズバンク・パークでフィリーズとの4連戦。フィリーズもワイルドカード獲得に向けて負けられない戦いが続くが、先発のマイク・フォルティネビッチが7回3安打1失点と好投し、打線がエース右腕のアーロン・ノラから4点を奪ったブレーブスが、7対2でフィリーズを破り、今季90勝に到達した。好投したフォルティネビッチは今季6勝目(5敗)をマークし、ポストシーズンでの先発ローテーション入りに向けて猛烈にアピール。一方のノラは4つの四球を与えるなど制球に精度を欠き、6回6安打4失点で今季5敗目(12勝)を喫した。

初回にロナルド・アクーニャJr.の38号先頭打者アーチなどで2点を先制したブレーブスは、2回表にオジー・アルビーズとフレディ・フリーマンのタイムリーで2点を追加して4点をリード。5回裏にフォルティネビッチがコリー・ディッカーソンに10号ソロを浴びて1点を返されたが、7回表にジョシュ・ドナルドソンが37号3ランを放ち、リードを6点に広げて勝利を決定付けた。8回裏は2番手のショーン・ニューカムが三者凡退に抑え、9回裏に3番手のジョシュ・トムリンがセザー・ヘルナンデスの10号ソロで1点を失ったものの、7対2で試合終了。なお、史上5人目の「40-40」達成を目指すアクーニャJr.は、先頭打者アーチを放って今季38本塁打&34盗塁となり、快挙達成に一歩前進した。