重みが違う! 錦戸亮“退所”に対するコメントで「涙を誘った」ジャニタレとは…

©株式会社anoetto

 ジャニーズ事務所からの退所、および『関ジャニ∞』からの脱退を発表した錦戸亮。ファンが悲痛な想いで沈む中、“熟練の経験者”『KAT-TUN』中丸雄一の言葉が重いと話題になっている。

(絵・なりまさ。)

 錦戸亮は退所するにあたって、ワイドショー番組などに出演しているジャニーズタレントが、それぞれ番組でコメントを述べた。

 一時は『NEWS』でともに活動していた加藤シゲアキは、『ビビット』(TBS系)で「(退所した渋谷)すばるくんの分も背負ってやって、どうしても無理がきてしまったんじゃないかと」と、錦戸の想いを推し量った。

 同番組では、先輩にあたる国分太一は「グループを存続することの難しさ、解散という選択肢もあったと思う。でも、彼(錦戸)が抜けても続けていくという(関ジャニ∞の)決断も評価してほしい」と、まるで、山口達也が抜けた『TOKIO』と重ねるようなコメントを発した。

●関連記事 錦戸脱退「関ジャニ」がタッキーと同じく裏方へ…!? 大倉忠義と横山裕の活動に疑問

 そういった中、3回ものメンバー脱退を経験している中丸雄一は、レュラーを務める日本テレビ系『シューイチ』で、「経験則なんですけど」と前置きし、「20年以上一緒にやられて、そういうメンバーが抜けるっていうのは身内が死ぬような感覚と同じものがあって…」と、残されたメンバーの心境を代弁する。

 そして、「おそらくですけど、錦戸くんもメンバーもかなり疲弊していると思います。だから、大きなお世話かも知れませんが、こういう時こそファンの皆さんには錦戸くんもグループも支えてほしいなと思います」とファンに呼び掛けた。

 ジャニーズタレントが様々なコメントを発する中、中丸の言葉は特にファンに響いたようで、

「胸が締め付けられました」
「経験してるからこそどれだけ疲れているのかわかるよね…」
「リアルなコメントありがとう中丸」
「さすが、重みがある」
「なんか泣けてくる。中丸くんは何度もそんな思いをして、それでも KAT-TUNを守ってくれてるんだね」

といった声が上がっていた。

 メンバーの退所や休業が続出しているジャニーズ事務所。ファンのケアも大事だが、メンバーのケアも十分にしてほしい。