JR東日本千葉支社、管内の多くの路線で11日も不通続く

©Traicy Japan Inc,

JR東日本千葉支社は、台風15号の影響による管内のあす9月11日の運転計画を発表した。

終日運転を取りやめる路線・区間は、内房線の姉ヶ崎~安房鴨川駅間、外房線の上総一ノ宮~安房鴨川駅間、総武本線の佐倉~銚子駅間、成田線の成田~銚子駅間、鹿島線と久留里線の全線。また、特急「しおさい」「さざなみ」は全列車が運休する。特急「わかしお」は東京~上総一ノ宮駅間で運転し、一部列車が運休する。

同社の発表では、内房線の浜金谷駅で駅舎などが損壊しているのが確認できる。また、内房線の袖ヶ浦~巌根駅間では飛来物、久留里線の上総松丘~上総亀山駅間では倒木により線路を支障している様子が確認できる。

内房線の千葉~姉ヶ崎駅間、外房線の千葉~上総一ノ宮駅間、総武本線・成田線の千葉~成田駅間は通常より本数を減らして運行する。成田線の我孫子~成田~成田空港駅間については運休などの情報は発表されていない。