ラビオ、PSGに勝訴 ボーナスゲットへ

©株式会社コリー

この夏、PSGからユヴェントスへフリー移籍したフランス人MFアドリアン・ラビオ。

契約延長を拒否したことでチームから干されるなど、クラブとの関係が悪化したうえでの退団だった。

そうした中、ラビオはPSG相手に勝訴したと『L'Equipe』が伝えている。

フランスプロリーグ連盟(LFP)の合同上訴委員会は、ラビオの訴えを支持したとのこと。

PSGは昨季のCLマンチェスター・ユナイテッド戦で敗退。ラビオはユナイテッドを祝うパトリス・エヴラの動画にいいねをしていた。PSGはその件でラビオを減給にしたうえ、倫理ボーナスの支払いも拒否。

だが、それは二重処罰に当たるとして、4万ユーロ(474万円)の倫理ボーナスをラビオに支払うように命じる裁定が出たとのこと。