ほしのあき“芸能界”に未練か…ママ友のインスタで哀しいアピール

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

ほしのあき

(C)まいじつ

JRAジョッキーの三浦皇成と2011年に結婚したほしのあきが、9月5日に更新された女優・押切もえのインスタグラムに登場した。

この写真のほしのに対し、ネット上では、

《この人、ホント昔から変わらんな すごい》
《42歳とは思えないですね。うらやましい》
《分かりやすい美魔女じゃないからね。ナチュラル感は石田ゆり子並でしょ》

など、その変わらぬ美貌に絶賛の声が上がった。

 

ほしのが仲間になりたそうにこっちを見ている

ほしのはこれまでにも若槻千夏や吉川ひなの、小倉優子らママ友のインスタグラムにたびたび登場。そのせいか、ネット上では「自分のSNSにアップすればいいのに」という疑問の声が上がっている。自身でSNSを開設しないのはなぜなのか。

「ペニオク問題が批判されて、事実上、芸能活動休止状態のほしの。現在は子育てに一生懸命と言いますが、本心は〝芸能界に戻りたい〟ともっぱらのウワサです。しかし、夫の三浦が復帰には大反対で、インスタやツイッターなどで情報発信することは事実上不可能なんです。ほしのにとってみれば、芸能人のママ友のSNSに登場することで、何とか細々とアピールするしかないのが現状なんです」(芸能記者)

ほしのの必死なアピールぶりは、枚挙にいとまがない。5月4日には、レイザーラモンHGの妻・住谷杏奈のインスタグラムに登場。家族ぐるみでイチゴ狩りに行き、住谷にイチゴ狩りの知識をレクチャーしたことが報告されている。また、9月4日には美容家のインスタグラムにタレントの安田美沙子との3ショットが披露されている。

「昔からのほしののファンは喜んでいるようですが、一部のファンは、ほしのの必死ぶりにドン引きしているようです。かつては実年齢には見えない幼顔と巨乳が大人気でしたが、さすがに40歳を超えてグラビアが通用するとは思えません。もともと〝豊胸〟の疑いもあり、他にウリがない以上、仮に芸能界に復帰しても需要があるとは思えません。復帰を許さない夫の三浦の判断は間違っていませんよ。金銭的に不自由しているわけでもないですし、芸能界に未練があるのはほしのだけ。他人のSNSに顔出ししても、一度付いた悪いイメージを払拭するのは無理でしょうね」(同・記者)

ペニオク問題でファンを騙していた罪は重い。同じように関与が取り沙汰されたモデルの小森純も、表舞台から姿を消して久しい。

他人のSNSに顔出しを続けるほしの。果たしてファンは、その未練がましい姿をどう見ているのだろうか。