東北、東日本で雷雨警戒

大気不安定に、低気圧通過

©一般社団法人共同通信社

 低気圧や前線の影響で東北や東日本では、11日夜にかけ大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が11日夜にかけて東北を通過。そこへ向かって暖かく湿った空気が流れ込んで大気が不安定になって、東北や東日本を中心に積乱雲が発達するところがあり、大雨になる可能性がある。

 12日午前6時までの24時間予想雨量は多い地域で北陸120ミリ、東北100ミリ、関東甲信80ミリ。竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。