工藤静香、二科展に入選した作品に称賛の声「愛を感じた」「綺麗な色彩」

©メディアシンク株式会社

インスタグラム:工藤静香(@kudo_shizuka)より

歌手の工藤静香(49)が9日、自身のインスタグラムを更新した。

工藤といえば先日、「9/4から9/16日まで六本木国立新美術館で二科展開催しています。休館日は9/10絵画タイトルは 心の華です。写真はまた後日に投稿しますね」と現在開催中の「第103回 二科展」の告知とともに、ロングヘアからボブに切ったように見える自身の写真を投稿。インスタグラム上では、「早速行きたいです!っていうか髪!」「しーちゃんの作品楽しみだな」といった声が多く寄せられ、話題となったばかり。

そんな工藤はこの日、「今年の二科展の作品、心の華の出来上がりまでの過程をお見せしますね」とコメントを添え、二科展で展示されている絵の制作過程を披露。続きには「生きてゆく中で、人の心は様々な事に傷付き、また喜びに触れ、全ての経験が花びらのように重なってゆくのではないかと思います。壊れそうになっても、一生懸命生きる輝きを放ち綺麗な華を咲かせてゆけたら。と、思いながら描きあげました」と作品への思いをつづっている。

この投稿を見たファンからは、「しーちゃん、素晴らしいお絵です」「とっても素晴らしい作品に仕上がりましたね」「とっても綺麗な色彩で素敵です」「美しくて、優しさや情熱、そして愛をいっぱいに感じました」など絶賛の声が多く寄せられている。

工藤が最後まで丁寧に描き上げたことが伝わってくるような絵に、ファンも心を掴まれたようだ。