広島中崎が不振、DeNAは「勝利の方程式」奮起、巨人は…セ救援陣を成績で振り返る

©株式会社Creative2

広島・中崎翔太(左)とDeNA・山崎康晃【写真:荒川祐史】

巨人に迫るDeNAは「勝利の方程式」が奮起…ここまでの救援陣成績は?

 ペナントレース終盤、今季は投手の分業がさらに進み、救援投手の重要性がより増したともいえるだろう。各球団の救援投手事情についてみていこう。

セ・リーグ 各チームの主要な救援投手の成績

○広島
フランスア 61登6勝6敗12セーブ17ホールド 64回1/3 防2.66
中崎翔太 36登3勝3敗9セーブ5ホールド 35回1/3 防4.08
遠藤淳志 32登1勝1敗1セーブ6ホールド 40回1/3 防2.90
菊池保則 50登1勝2敗0セーブ11ホールド 52回2/3 防2.73
レグナルト 49登6勝2敗0セーブ14ホールド 55回2/3 防2.91
中村恭平 39登0勝1敗0セーブ10ホールド 40回2/3 防2.43
一岡竜司 33登0勝0敗0セーブ16ホールド 31回 防2.90

 クローザーの中崎が不振で2度の2軍落ち、フランスアが代役を務める。セットアッパーでは6月に昇格した遠藤が、次第に重要な持ち場を任されるようになっている。

○ヤクルト
石山泰稚 31登2勝2敗10セーブ5ホールド 30回2/3 防1.76
マクガフ 62登6勝3敗9セーブ17ホールド 65回2/3 防2.88
梅野雄吾 64登1勝2敗4セーブ26ホールド 64回 防3.66
ハフ 63登1勝4敗3セーブ24ホールド 61回1/3 防3.96
近藤一樹 57登3勝3敗0セーブ18ホールド 51回 防3.00
五十嵐亮太 44登5勝1敗0セーブ3ホールド 41回1/3 防3.05

 クローザーを固定できず。石山は優秀だったが、コンディション不良で2か月弱の戦線離脱。最近はマクガフがクローザーを務める。

○巨人
中川皓太 60登4勝3敗16セーブ15ホールド 59回 防2.44
デラロサ 21登1勝0敗6セーブ5ホールド 18回1/3 防1.96
クック 13登0勝2敗6セーブ0ホールド 15回 防4.80
田口麗斗 47登2勝3敗1セーブ12ホールド 57回1/3 防4.24
澤村拓一 36登2勝1敗1セーブ11ホールド 40回1/3 防2.45
マシソン 21登1勝2敗1セーブ8ホールド 16回1/3 防3.86
野上亮磨 13登1勝2敗1セーブ3ホールド 18回 防3.50
高木京介 49登3勝1敗0セーブ10ホールド 48回 防3.94

 中川がクローザー、セットアッパーを掛け持ちしたが、やや疲れが見える。7月中旬に加入したデラロサが活躍している。

阪神藤川はクローザー復帰で“水を得た魚”

○DeNA
山崎康晃 55登3勝2敗30セーブ3ホールド 53回 防1.87
エスコバー 67登5勝4敗0セーブ31ホールド 66回2/3 防2.84
三嶋一輝 63登4勝3敗0セーブ22ホールド 63回1/3 防3.98
国吉佑樹 48登5勝3敗0セーブ9ホールド 62回1/3 防4.19
パットン 42登0勝3敗0セーブ22ホールド 36回2/3 防5.15
石田健大 34登4勝0敗0セーブ9ホールド 62回2/3 防2.3

 山崎が絶対的なクローザーとして活躍。エスコバー、三嶋らが「勝利の方程式」を形成しているが、最近、やや疲れが見えてきた。

○中日
鈴木博志 25登0勝2敗14セーブ1ホールド 25回 防4.32
岡田俊哉 47登2勝2敗11セーブ6ホールド 44回1/3 防3.86
R・マルティネス 35登0勝3敗7セーブ13ホールド 33回2/3 防2.94
ロドリゲス 60登2勝4敗1セーブ38ホールド 56回1/3 防1.76
福敬登 45登2勝0敗0セーブ15ホールド 48回1/3 防2.05
祖父江大輔 41登3勝4敗0セーブ3ホールド 42回1/3 防3.19
谷元圭介 38登0勝1敗0セーブ13ホールド 29回1/3 防5.22
藤嶋健人 26登0勝1敗0セーブ12ホールド 24回1/3 防1.11

 当初、鈴木がクローザーに起用されていたが7月25日を最後に登板しておらず、現在は岡田が投げている。助っ人はロドリゲスが防御率1.76と安定し、R.マルティネスは7月中旬に離脱したが、9月に入って復活している。

○阪神
ドリス 49登5勝4敗19セーブ8ホールド 48回2/3 防2.4
藤川球児 49登4勝1敗11セーブ23ホールド 49回 防1.47
島本浩也 56登4勝0敗1セーブ7ホールド 53回1/3 防1.86
ジョンソン 53登2勝2敗0セーブ38ホールド 53回1/3 防1.18
守屋功輝 51登2勝2敗0セーブ6ホールド 45回2/3 防3.15
能見篤史 47登1勝2敗0セーブ16ホールド 41回1/3 防4.57
岩崎優 39登2勝0敗0セーブ21ホールド 44回1/3 防1.02

 ドリスがクローザーだったが不振で藤川と交代。松坂世代の藤川は水を得た魚の活躍で11セーブを挙げている。セットアッパーでも新外国人のジョンソンが大活躍。岩崎優も防御率1.02と好調を維持している。(広尾晃 / Koh Hiroo)