桜町バスターミナルが運用開始 九州産交

©株式会社熊本日日新聞社

熊本桜町バスターミナルを出発するバス=11日午前、熊本市中央区(後藤仁孝)

 九州産業交通ホールディングスが熊本市中央区の桜町再開発ビルに設けた「熊本桜町バスターミナル」の運用が11日、始まった。再開発ビルの完成に伴い、屋外にあった仮ターミナルをビル1階に移転。29の乗降場を方面別に赤、青、緑で色分けした。乗降場と車道を仕切る「ホームドア」を新たに導入し、乗客の安全に配慮。路線バスの位置を確認できるモニターも設置し、利便性を高めた。同日は早朝からバスが次々に新ターミナルを出発した。