B1昇格 今季こそ ヴォルターズ、健軍神社で必勝祈願

©株式会社熊本日日新聞社

必勝を祈願する熊本ヴォルターズのネナド・ヴチニッチヘッドコーチ(手前)と選手ら=10日、熊本市東区

 バスケットボールBリーグ開幕を前に、2部(B2)の熊本ヴォルターズは10日、熊本市東区の健軍神社で、必勝と1部(B1)昇格を祈願した。

 ヴォルターズは発足7季目。昨季まで2年連続でB2の18チームの上位4チームが昇格を争うプレーオフに進出しながらB1を逃した。今季はセルビア出身のネナド・ヴチニッチ氏を新ヘッドコーチ(HC)に迎え、12選手中6人が新たに加入した。

 選手、スタッフら34人で参拝したヴチニッチHCは「さらに熊本に受け入れられた気持ちになった。毎回の練習と試合で成長していけば結果はついてくる」。7季目で主力の小林慎太郎選手(34)は「皆さんの期待以上のプレーをし、必ずB1に昇格する」と力強く宣言した。

 同日夜には同市中央区のエルセルモ熊本で壮行会を開き、スポンサーら約170人に激励を受けた。

 B2は20日に開幕し、熊本は21、22日に熊本市の県立総合体育館で越谷と対戦する。(元村彩)