【セリエA】ムヒタリアン、アーセナル退団を決意した経緯を語る「幸せではなかった」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ASローマにレンタル移籍したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンは、アーセナルを去ったのは「再びサッカーを楽しむため」と語った。

【セリエA】ムヒタリアンがローマ移籍へ 買い取りOPなしのレンタルで加入

2018年マンチェスター・ユナイテッドからアーセナルに加入したムヒタリアンは、プレミアリーグで39試合に出場し8ゴールに留まっていた。ローマ移籍決定後、アルメニア代表として出場した2020EURO予選ボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦では2得点を決めるなど、復調の兆しを見せるムヒタリアン。サッカーへの情熱を再発見するために、イングランドを離れる必要があったと心境を口にした。

「場所を問わず、サッカーを楽しむ必要がある。イギリスでは幸せを感じられたなかった。代理人から電話が来た時、僕は行きたいと思った。それは僕にとって素晴らしい機会だと思ったんだ。お金については話し合いすらしてないよ。多分イギリスのサッカーはあまり適してなかったから、この変化は良かったと思う」。

アーセナル退団の経緯を語ったムヒタリアン