広島の西川、西武の森らが初受賞

プロ野球、8月の月間MVP

©一般社団法人共同通信社

8月の月間MVPに選ばれ、ポーズをとる広島・西川=マツダ

 セ、パ両リーグは11日、8月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは投手部門がヤクルトのブキャナン、打者部門が広島の西川、パは投手部門が楽天のブセニッツ、打者部門が西武の森といずれも初受賞を果たした。

 ブキャナンは5試合に先発し、3勝0敗でリーグトップの防御率1.64と安定した投球を続けた。西川は42安打、22得点がリーグ最多で、月間最多安打の球団タイ記録もマークした。

 ブセニッツは14試合に救援登板し、13回を無失点でリーグ最多の11ホールドを挙げた。森は40安打、10本塁打、30打点、長打率7割3分6厘などがリーグトップだった。