11日夜遅くまで 激しい雷雨のおそれ

©株式会社ウェザーマップ

前線が本州付近を南下するため、東北や東日本、西日本では大気の状態が非常に不安定となり、所々で積乱雲が発達する予想です。とくに、11日夜遅くにかけては、局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意が必要です。落雷、竜巻などの激しい突風にも注意が必要で、ひょうが降るおそれがあるため、農作物や農業施設の管理にも注意が必要となります。

12日(木)日中は晴れる所が多くなりますが、午後は東海から西日本の太平洋側で、にわか雨や雷雨があるでしょう。最高気温は関東から西で30℃以上の真夏日が続きます。ただ、東京都心はこれまでより空気が乾いてくるため、ようやく9月らしさを感じられると思います。

気象予報士・高橋 和也

画像について:11日午後3時の天気図と衛星画像。