須山、山口両氏に木村物理学賞

湯川記念財団

©一般社団法人共同通信社

 湯川記念財団(京都市)は11日、重力理論などの基礎研究で優れた業績を挙げた研究者に贈る「木村利栄理論物理学賞」の2019年度の受賞者に東京工業大の須山輝明准教授(39)と山口昌英教授(48)を選んだと発表した。

 同財団は、初期宇宙の物理法則を解明する手掛かりとなる関係式を見いだしたことを評価した。

 同賞は旧広島大理論物理学研究所の教授だった故木村博士の遺産をもとに創設された。