堤防決壊し住宅が次々と…川の氾濫を模型で再現 室蘭工大で小学生に防災授業 北海道室蘭市

©北海道放送株式会社

小学生に水害の危険性を知ってもらおうと、11日、北海道の室蘭工業大学で、川の模型を使った防災授業が行われました。

大雨で川の水かさが増して堤防が決壊、周りにあった住宅が次々と流されていきます。
11日、室蘭工業大学が初めて開いた小学生向けの防災授業です。
川の増水を再現できる実験模型を使い、水害や土砂災害に詳しい中津川誠教授が、河川災害が起きる仕組みを解説しました。

「堤防が壊れる実験を見て、本当にああいうことが起こったら怖いなと思った」「防災グッズとか、いろんな物を備えて、いざとなったときに生き残れるようにしたい」(参加した小学生)

「教科書の中だと書いてあることだけなので、実物を見て、実際どういう風に浸食とか堆積とか、どういうところが危ないのか、見て知ってもらうことが大事」(室蘭工業大学・中津川誠教授)

室蘭工業大学では今後も実験模型を使った授業を行い、子どもたちに防災への意識を高めてもらう考えです。