生命保険を解約したいと思ったときに知っておきたいこと

©株式会社ブレイク・フィールド社

解約すると保障がなくなる

現在、加入している保険をやめることを解約(かいやく)といいます。解約すると、解約した時点で、以後の保障が消滅します。がんで入院している方が医療費の支払いのため終身保険を解約し、死亡保険金を受け取れなかったというケースがありました。

また、新たに保険に加入する場合、健康状態等によって加入できなかったり、年齢が上がっているとその分保険料が高くなったりする可能性があります。解約には、このようなデメリットがありますので、他の方法で目的が達成できないか検討しましょう。

「まとまったお金がほしい」なら解約のタイミングが大切

保険を解約した場合、保険の種類などによっては、保険料の一部が戻ってくる場合があります。これを解約返戻金(かいやくへんれいきん)といいます。

終身保険などの解約返戻金が多い(貯蓄性が高い)保険は、定期保険などの解約返戻金がわずかな保険に比べ、同じ保障額であれば保険料が割高です。つまり、貯蓄部分が保険料に上乗せされているわけです。

また、解約返戻金が多い保険でも、多くの場合、解約返戻金は払込保険料の合計額より少ない金額となります。特に、加入後、短期間で解約した場合には、解約返戻金はわずかしかありません。解約のタイミングが大切です。

「まとまったお金がほしいから解約したい」という場合は、解約する前に解約返戻金の金額を確認することが大切です。

保険をやめずにまとまったお金を用意する方法

解約返戻金がある保険に加入している場合、解約返戻金の一定の範囲内で保険会社からお金を借りるしくみ(契約貸付制度)があります。

借入金には保険会社所定の利息がかかります。いつ、いくら返済するかは契約者の自由ですが、長期間返済しないでいると、保険契約が失効または解除となる場合もありますので留意しましょう。

「保険料の支払いが厳しいから解約したい」場合の対処法2つ

「保険料の支払いが厳しいから解約したい」と思ったときの主な対処法について見てみましょう。いずれも告知や診査は不要です。

まず、一部解約(減額)することで保険料を抑えることができます。例えば、死亡保険金額2000万円を1000万円に減額すれば、保険料が半分になります。また、減額部分の解約返戻金を受け取ることが可能です。

次に、保険料の支払いを中止して保障を継続するしくみとして、払済保険への変更があります。払済保険とは、以後の保険料の払込みを中止し、変更時の解約払戻金を一時払いの保険料に充当して、今までの契約の保険期間を変えずに保障額の少ない保険に変更できるしくみです。

払済後の保障額には最低保障額が設定されていますので、変更時の解約返戻金が少ないと、払済保険へ変更できない場合があります。

「他社の保険を検討する場合」の留意点

昔の医療保険には8日以上入院しないと入院給付金が支払われないものもあります。最近では、日帰り入院から保障する医療保険もあり、現在加入している医療保険を解約して、新しい医療保険への加入を検討している方もいるかもしれません。

前述のとおり、新たに保険に加入する場合は、健康状態等によって加入ができない、年齢が上がっていると保険料が高くなる、などの可能性があります。新しい保険に乗り換える場合は、新しい保険の契約が成立したあとに古い保険を解約するという順番が大切です。

執筆者:新美昌也
ファイナンシャル・プランナー

###