買い物が25%お得になる「プレミアム付商品券」って?どんな人が購入できる?

©株式会社ブレイク・フィールド社

どんな人が購入できる?

購入できる人の条件は2通りあります。

(1)住民税非課税者分

・・2019年度の住民税(均等割り)が課税されていない方

ただし、住民税が課税されている方に扶養されている場合や、生活保護の受給者などは除きます。

※1人につき最大2万5000円分の商品券を2万円で購入できます。

(2)子育て世帯分

・・2016年4月2日から2019年9月30日までに生まれた子どもが居る世帯主(2019年10月1日で3歳半未満)

※対象の子ども1人につき最大2万5000円分の商品券を2万円で購入できます。

そして、両方に該当する場合は、それぞれの対象人数を合計して購入できます。

例えば、両親と子ども2人(1歳、2歳)の家庭は、まず子ども2人分は必ず該当します。両親とも住民税非課税の場合は4人全員が住民税非課税で、合計6人分の購入ができます(この場合、住民税非課税分についての手続きをお忘れなく)。親の片方が納税者で他の家族が扶養の場合は、子ども2人分のみです。

手続きはどうするの?

住民税非課税者に該当する方については、7月中に市区町村から対象者へお知らせが郵送されます。

例えば岐阜市の場合、お知らせの対象者は2019年度の扶養外住民税非課税者、2019年1月1日時点(基準日A)で岐阜市に住民票がある人です。7月16日から10月31日の間に、郵送または持参で市に購入引換券交付申請書を提出します。

購入対象者が決定したら、市から購入対象者へ購入引換券が郵送されます。送られてきた引換券を持参して、市区町村が指定する販売場所でプレミアム付商品券を購入します。

基準日以降に転居して住民票が岐阜市外になった場合でも、基準日に岐阜市に住民票があるので申請は岐阜市にします。そして、岐阜市の購入引換券を受け取ったら、現在お住まいの市区町村の購入引換券と交換し、お住まいの市区町村のプレミアム付商品券の購入をします。

3歳半未満の子育て世帯については、9月の上旬から中旬に、世帯主へ購入引換券が郵送されます。そして、送られてきた引換券を持参して、市区町村が指定した販売所で商品券を購入します。

岐阜市の場合、生まれた時期によって基準日が決められます。
2016年4月2日から2019年6月1日生まれの子は、2019年6月1日時点(基準日B)
2019年6月2日から2019年7月31日生まれの子は、2019年7月31日時点(基準日C)
2019年8月1日から2019年9月30日生まれの子は、2019年9月30日時点(基準日D)
に、岐阜市に住民票があることが条件です。

この場合も、基準日を過ぎてから市外へ引っ越した場合は、基準日の市区町村の購入引換券と現在お住まいの市区町村の購入引換券と交換し、現在お住まいの市区町村のプレミアム付商品券を購入します。

転居した場合は、住民票の登録や郵便局への転居の届け出を忘れないようにしましょう。届け出がないと、購入引換券等が送られてきません。

使える店舗や使える期限に注意

購入期間にも使用できる期間にも期限があります。住民税非課税者については、さらに申請期限があります。期限を過ぎると申し込めませんし、購入できません。そして、期限内に使い切らないと残った分はタダの紙切れになってしまいますので、期限に注意しましょう。期限はそれぞれの市区町村で違います。

以下は岐阜市の例です。
交付申請期限(申請は住民税非課税者のみ)・・2019年10月31日(木)まで
販売期間・・・2019年9月28日(土)から2020年2月17日(月)まで
使用期間・・・2019年10月1日(火)から2020年3月1日(日)まで(最長の市区町村でも、3月31日)

また、使用できる店舗は、お住まいの市区町村の使用可能店舗に限られています。商品券の購入後に市外に転居された場合、転居先では使用できません(購入引換券であれは、引っ越し先の引換券との交換はできます)。

また、転売や他に人に譲ることもできませんが、本人が動けない場合に、代理の人が本人の代わりに使うことはできます。プレミアム付商品券の詳細は、お住まいの市区町村へお問い合わせください。

<引用、参照>
岐阜市:岐阜市プレミアム付商品券
内閣府:確にゃん プレミアム付商品券

執筆者:林智慮
CFP(R)認定者

###