横浜のシーバス、台風で1隻が沈没 一部区間運休続く

©Traicy Japan Inc,

横浜でシーバスを運航するポートサービスは、台風15号による高波の影響で、シーバス1隻が沈没したと明らかにした。

9日午前2時30分頃、山下公園に係留されていた「シーバス3号」が高波により、後部デッキより浸水した。浸水量が多く、船員が対処するも沈没した。「シーバス5号」もロープが切れ漂流したが、後に改めて係留できた。これらの事故による負傷者はいなかった。なお、事故前はシーバス4隻が就役していた。

シーバスは、台風15号の影響による整備点検のため、横浜駅東口~ピア赤レンガ間で運航している。山下公園・MM21ぷかりさん橋には寄港しない。