トランプ氏、タリバン警告

米同時テロ18年、追悼続く

©一般社団法人共同通信社

11日、米ニューヨークで、ライトアップされた高層ビルを象徴する2本の柱(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】2001年の米中枢同時テロから18年となった11日、トランプ米大統領はワシントン郊外の国防総省の追悼式典で演説し、テロ首謀者をかくまい今もテロを続けるアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンに対し「攻撃されれば全力で反撃する」と強く警告した。同時テロの現場となったニューヨークなどでは終日、追悼の祈りが続いた。

 トランプ氏は、タリバンが米国を攻撃すれば「どこにいようが、かつて使ったことがない武力を行使する。何者も米軍の能力と強さにはかなわない」と強調した。

 トランプ氏は9日にタリバンとの和平協議打ち切りを表明している。

11日、米中枢同時テロの追悼式典で演説するトランプ大統領=ワシントン郊外の国防総省(UPI=共同)