『Glee』ダレン・クリスと『ビッグバン★セオリー』ジム・パーソンズがライアン・マーフィーのNetflix新作で共演

©株式会社WOWOW

大人気青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』のブレイン役で注目されたイケメン俳優ダレン・クリスが、本シリーズでクリエイターを務めたライアン・マーフィーとNetflixの新作ドラマ『Hollywood(原題)』で再タッグを組むことが明らかとなり、その豪華共演者が少しずつ明らかになってきた。米Varietyが報じている。

今月7日(土)にダレンが、マーフィーと一緒にファッションイベント「Met Gala」に出席した時の写真をInstagramにアップし、Netflixの新作ドラマ『Hollywood』に出演することを発表。その投稿によると、1940年代のハリウッドを舞台に複数の物語を綴るミニシリーズになるというが、以前にマーフィーは「ハリウッドの黄金時代へのラブレター」だとミニシリーズを称していた。

Honored to say that I'm heading back to the House of Murphy where I'll be starring in but also executive producing HOLLYWOOD with Time's King of Television. Late last year, @mrrpmurphy and I had dinner where he shared that he wanted to do a period piece that was young and optimistic. We landed on the idea of a series covering several narratives from 1940s Hollywood. We both left that evening feeling super excited about its potential. Two days later Netflix bought it. Not only is that a testament to the magic of Ryan Murphy, it's a reminder of the kind of thing that can only happen in Hollywood...literally. Limited Series coming to @netflix May 2020.

A post shared by Darren Criss (@darrencriss) on

そしてその共演キャストに名を連ねているのが、今年5月に米CBSで放送されたシーズン12をもって幕を閉じたオタクコメディドラマ『ビッグバン★セオリー ~ギークなボクらの恋愛法則』で物理学者シェルドンを演じていたジム・パーソンズや、『STALKER:ストーカー犯罪特捜班』でジャック・ラーセン刑事に扮したディラン・マクダーモット。

そのほか、ミュージカルスターで『Glee』にゲスト出演したこともあるパティ・ルポーンと、コメディシットコム『ハーパー★ボーイズ』で主人公チャーリー&アラン・ハーパー兄弟の母親エヴリンを演じたホーランド・テイラーが出演することも明らかになっている。

ダレンは主演するだけでなく製作総指揮も兼任し、ライアンとイアン・ブレナン(『Glee』)が共同クリエイターを担う。

ダレンは『Glee』の他に、ライアンがクリエイターを務める『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』と『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』にも出演。『ヴェルサーチ暗殺』ではエミー賞リミテッド・シリーズ部門主演男優賞を受賞し、新配信サービスQuibiの新作ミュージカル・ドラメディ『Royalties(原題)』にソングライター役で主演することも決定している。

そしてジムにとっては、昨年マット・ボマー(『ホワイトカラー』)やザカリー・クイント(『スター・トレック』)らと共演したブロードウェイの舞台『真夜中のパーティー』の演出を手掛けたのがマーフィーということで、こちらも再タッグとなる。

2018年にユアン・マクレガー出演の新作ドラマに、ジェシカ・ラング(『アメリカン・ホラー・ストーリー』)が女優マレーネ・ディートリッヒを演じる新作ドラマなど数々の作品を手掛ける予定だ。

『Hollywood』は、2020年5月にNetflixで配信スタート予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:ダレン・クリス、ジム・パーソンズ、ライアン・マーフィー
© NYKC