覚せい剤密輸で韓国籍の自称大学講師の男(52)を逮捕

©株式会社デーリー東北新聞社

覚醒剤が入れられていたリュック背面側(左)。ガムテープで巻かれた状態で、隠されていた(青森県警提供)

 8月に青森空港で覚醒剤約1.8キロを隠し持っていたとして、青森署と函館税関青森税関支署は11日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)と関税法違反(禁制品輸入未遂)の疑いで、住居不定、韓国国籍の自称大学講師の男(52)を逮捕したと発表した。押収量は末端価格で約1億800万円相当に上る。

 逮捕容疑は8月25日、韓国の仁川(インチョン)空港から青森空港へ向かう航空機に、覚醒剤を隠し入れたリュックサックを持って乗り、営利目的で輸入しようとした疑い。

 県警によると、覚醒剤はリュック背面部の継ぎ目を剝いで加工された部分に隠されていた。検査で見つかり、青森税関支署の職員が現行犯逮捕した。

 男は「知人から預かった荷物で、リュックに覚醒剤が入っていることすら知らなかった」と容疑を否認しているという。

 また、青森税関支署は10日、関税法違反(禁制品輸入未遂)の疑いで青森地検に告発した。

 青森空港では2、3月にも韓国から覚醒剤を持ち込もうとしたとして、オランダ国籍の男女2人と韓国国籍の男女2人が逮捕、起訴されている。

【全文】