佐世保で就職しませんか? 22日に「わくわーくフェス」 企業模擬店 学生が手伝い

©株式会社長崎新聞社

ポスターを手にイベントをPRする実行委の河口副委員長(左)と西信好真さん=佐世保市松川町、西海みずき信用組合

 企業が手掛ける模擬店などの運営を学生が手伝い、互いの理解を深めるイベント「させぼわくわーくフェスティバル」が22日、佐世保市宮地町の中央公園で開かれる。企業や金融機関でつくる実行委員会が地元就職につなげようと、初めて企画。多くの来場を呼び掛けている。
 学生と企業が一緒にお祭りをつくり、企業を身近に感じ、就職活動の参考にしてもらう狙い。市内とその近郊から、建設業や製造業、金融機関など32社が参加する予定。
 各社は飲食物や自社商品などを販売するブースを設置。高校生や大学生は担当する企業のブースで運営を手伝う。ラムネ早飲み大会やじゃんけん大会、スタンプラリーも計画している。
 実行委副委員長の河口憲一郎さん(46)は「企業と学生の接点を増やすことで、少しでも地元就職につなげたい」と話している。
 学生の参加は、当日も受け付ける。問い合わせは実行委事務局(電0956.31.2611)。