エヴァンゲリオン:新作スマホ向けゲームは“エヴァVSエヴァ”の対戦アクション 玩具と連動も

©株式会社MANTAN

公開された「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」の画面

 人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの新作スマートフォン向けゲーム「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」の製作発表会が、9月12日から開催中の国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2019」内で開催された。新作ゲームは、第3新東京市を舞台にエヴァンゲリオンとエヴァンゲリオンが戦う「ネットワーク型対戦アクションゲーム」と発表され、プロモーション映像も公開された。2020年リリース予定。

 「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」は、2020年6月公開の新作劇場版アニメ「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を含む「エヴァンゲリオン」シリーズを題材としたスマートフォン向け新作ゲーム。

 ゲームはアニメの世界観を再現しているといい、スマホゲームと玩具が連動するのが特徴となる。玩具は、エヴァンゲリオン初号機の頭部をデザインしたリードコントローラーと、キャラクターのフィギュアとなる。リードコントローラーでゲーム中のエヴァンゲリオンを直接操作できるという。また、コントローラーに碇シンジなどのフィギュアをセットすると、ゲーム中にキャラクターを呼び出すことができる。リリース後は、ゲームと共に玩具もアップデートされ、新たなキャラクターやエヴァンゲリオンがリリースされる予定。

 東京ゲームショウは、毎秋開催される世界的なゲーム展示会で、今年は家庭用ゲームやスマホゲーム、eスポーツ関連企業が国内外から650社以上が出展、1300タイトル以上が展示されている。会期中は、タレントや声優らが出演するステージイベント、コスプレなどでにぎわう。12、13日は関係者向けのビジネスデーで、14、15日の週末は一般公開日となる。入場券は一般(中学生以上)2000円、小学生以下は無料。