H100形電気式気動車DECMO、最初の投入区間は函館線 小樽-長万部の山線に

©株式会社エキスプレス

量産先行車2両を新製し、走行試験を重ねてきたJR北海道H100形電気式気動車DECMO。その最初の営業運転エリアは函館線 小樽~長万部の山線に決まった。

2018年2月から実施してきた走行試験で各種の検証を終え、量産車13両が落成することから、2019年度末に計15両を投入。2020年春から営業運転を開始し、老朽化しているキハ40形を置き換える。

今回の函館線への投入で、201系気動車をのぞく、ワンマン運転する全列車をこのH100形電気式気動車DECMOに置き換える。

また、早朝の札幌発 然別行き1本のみは札幌~小樽でもH100形が走る。

納車スケジュールは、2019年9月に6両(納車済み)、2020年1月に7両。

JR北海道はさらに、2020~2021年度にH100形を60両導入する計画。この新車投入で、経年35年以上の老朽化する車両を置き換えていく構え。

<JR北海道H100形電気式気動車DECMOの特徴>

・電気式気動車システムの採用
・全自動空調装置完備
・低床化によりホームとの段差を縮小
・車いすスペース・車いす対応洋式トイレ設置
・液晶式運賃表示(英語に対応)
・急勾配での落葉や積雪による空転発生の抑制
・急ブレーキ時の車輪踏面傷発生の抑制

鉄道チャンネル編集部