ライフがアマゾン通販開始

都内7区で生鮮食品

©一般社団法人共同通信社

 食品スーパー大手ライフコーポレーションは12日、店舗で扱っている生鮮食品や総菜の宅配をアマゾンジャパン(東京)の有料会員向けインターネット通販「プライムナウ」で始めたと発表した。配送地域は東京都内7区で、順次拡大する。

 日本の食品スーパーがアマゾンと提携し、プライムナウで生鮮食品を販売するのは初めて。野菜、果物、精肉や鮮魚などを扱い、配送時間は正午から午後10時まで。注文から最短2時間で届けられるとしている。都内7区は新宿、板橋、練馬、北、中野、豊島、杉並。

 ライフは既に自前のネット通販を展開しているが、アマゾンと組むことで顧客拡大を図る。