ヤフー会見、通販3強が覇権争う

ZOZO買収、4千億円でTOB

©一般社団法人共同通信社

ZOZO買収について記者会見するヤフーの川辺健太郎社長=12日午後、東京都内

 ヤフーは12日、東京都内で記者会見を開き、インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)を株式公開買い付け(TOB)で子会社化し、通販事業を強化する戦略を示した。アマゾンジャパンと楽天を加えた3強で、国内ネット通販業界の覇権を争う構図が鮮明になった。ゾゾ社長を退いた前沢友作氏も同席し、月旅行の実現など自身の夢を優先したと説明した。

 ヤフーの投資額は約4千億円の見込み。若い世代を中心に800万人以上のゾゾの顧客基盤を取り込む狙いがある。ネット通販では、取扱高で先行するアマゾンと楽天が物流網の拡充を進めている。

ヤフーのZOZO買収で記者会見し、握手する(左から)ヤフーの川辺健太郎社長、ZOZOの沢田宏太郎社長、前沢友作前社長=12日午後、東京都内