着る服に迷う!残暑・秋を乗り切る、大人の黒Tコーデ

©株式会社オールアバウト

朝晩は涼しいですが日中は30度を超える日もあるなど、気温の変化が大きいこの時期。そんな残暑~秋に活躍するのが「黒のTシャツ」です。

着心地も季節感もOKな大人コーデは黒Tでつくる

朝晩は涼しいですが、日中は30度を超える日もあったり、まだまだ残暑が厳しい9月。気温の変化が大きいときに使いやすいのは、やっぱりTシャツですよね。

なかでも黒Tシャツは落ち着いた印象なので、半袖でも夏っぽすぎません。涼しくなったらインナーとして秋冬アイテムともなじませやすく、今まさに使えるアイテムなんです。

ここではアラフォー女性におすすめの黒Tシャツコーデについてお伝えします。ぜひチェックしてみてくださいね!

きれいめパンツで大人っぽく落ち着いた雰囲気に

きれいめのボトムスを合わせて洗練されたイメージに 出典:WEAR

半袖のTシャツでも、黒の無地ならカジュアル感が抑えられ、大人っぽい雰囲気にまとめられるのがメリット。秋でも気温が高い日に一枚で過ごしていても、浮いた感じにならないのがポイントです。

ボトムスにきれいめのパンツやスカートを合わせると、全体の印象も洗練されたイメージに。バッグやシューズなど秋冬の小物ともバランスが取りやすいので、大人の女性におすすめのコーデです。

裾を出してもだらしなくならない

ダークカラーでまとめても腕が出ていることで程よい抜け感に 出典:WEAR

オーバーサイズなどゆったりとしたサイズ感のTシャツは体型を隠してくれますが、そのまま裾を出してしまうと、ヒラヒラした感じが夏っぽく見えてしまうのが気になります。でも黒を選べばカジュアルになりすぎず、ルーズに見えにくいのも優秀なポイントです。

濃いめの色のボトムスを選んで全身ダークカラーになったとしても、腕が出ていることで肌見せ部分が増え、程よい抜け感につながるのでちょうどいいバランスに。

全体が少し寂しく感じたら、シルバーやゴールドなど光沢感のあるアクセサリーを足すと、あか抜けたリッチな印象になります。残暑~秋のはじまりにこそ楽しめるコーデです。

やわらかなロングスカートなら女性らしさアップ

女性らしさが欲しいときはやわらか素材のフレアマキシスカートを 出典:WEAR

黒のTシャツは白に比べてクールな印象も強いので、女性らしいイメージで着こなしたいときにはやわらかな素材のフレアスカートを合わせるのがおすすめです。

ふんわりとした揺れ感のあるシルエットは華奢な雰囲気で、黒Tシャツと真逆のイメージですが、そのミックス感がおしゃれ度をアップしてくれます。

トップスが半袖で、スカートに動きがあるので、全身黒でも重たくなりすぎないのもポイント。涼しくなったらこのままカーディガンなどの羽織りをプラスし、フラットシューズやショートブーツに合わせればOKです。

黒Tならロゴ入りでも子供っぽくならずに着られる

ロゴTも黒なら大人に着こなせるのが嬉しい 出典:WEAR

黒がベースのTシャツなら、ロゴが入っていても主張が強すぎず、コーデになじませられるので大人の女性にぴったり。この先涼しくなったときに、カーディガンやジャケットの間からチラッと見せてもポイントになり、使い勝手のいいアイテムです。

黒のTシャツにはどんなボトムスも合いますが、シンプルでカジュアルなボトムスだとメンズライクな雰囲気になるので、小物使いでアレンジするのがおすすめです。

季節感を少し先取りしたような秋冬アイテムを合わせると、着こなしの旬度もぐっとアップ。ファーアイテムやブラウンのレザーアイテムなどをプラスすると、色使いはシックでも地味にならないおしゃれコーデのでき上がり。

異素材ミックスは簡単なのにおしゃれな感じに見えるので、ぜひ覚えておきたいテクニックです。実践しやすい黒Tシャツをベースに、いろいろトライしてみてくださいね。

残暑から秋のシーズンは、黒のTシャツが優秀なつなぎ役として活躍してくれます。この時期、一枚持っておくのがおすすめです!

(文:横瀬 真知子(レディースファッションガイド))