島の旅人 感謝つづるノート 新上五島 津和崎灯台近くのトイレ

清掃の下村さん 50人に“返事”

©株式会社長崎新聞社

美しいトイレへの感謝や、旅の感想をつづったノート

 新上五島町北端にある津和崎灯台近くのトイレに、1冊のノートが置かれている。利用者が、きれいなトイレへの感謝や旅行の思い出などを記し、清掃を担当する同町の下村カツ子さん(72)も返事や感想を書き込んでいる。下村さんは「上五島を好きになる気持ちがつながればうれしい」と話す。
 「こんなにきれいで心がホットするトイレに出会えるとは」「トイレの神様はいました!!」。町から委託され、週1回清掃している下村さんが、トイレの個室内で手のひら大のノートを見つけたのは昨年8月中旬。車で日本中を巡っている宮城県の夫婦がトイレの美しさに感激し、8月16日付で記し、ノートを置いた。

 「とてもうれしいメッセージに感動しきり。気を付けてお帰りくださいませ」と“返事”を書いた下村さんは、利用者との心の懸け橋にしたいと、そのままノートを使わせてもらうことにしたという。
 これまでに書かれたメッセージは約50人。昨年12月25日付では、東京から訪れた人が「海と山の眺めに心が洗われました」と書き込み「今年もあと少しですね。よい年越しをおむかえください」と結んでいた。下村さんは「幸福な一年でありますようにお祈り致します」と返した。下村さんは「ノートを見た人が今後も、次々と思いを書いてほしい」と話した。

津和崎灯台近くのトイレ清掃を続ける下村さん=新上五島町津和崎郷