【特集】いつまでも安心して暮らせる住吉区をめざして(1)

大阪府大阪市住吉区 広報すみよし令和元年9月号

©株式会社VOTE FOR

住吉区では、医療や介護が必要になっても、住み慣れた家や地域で自分らしい暮らしを続けることができるように、医療・介護の専門職が協力しながら切れ目なく一体的なサービスを提供する仕組みづくりに取り組んでいます。

医療・介護の連携でしっかりサポート!
○あなた
○医療
・かかりつけ医
体調についてどこに相談すれば…
健康に関することを何でも相談でき、必要な時は専門の医療機関を紹介します

・歯科医:お口の中のトラブルは…
いつまでも美味しく食べられるように、歯周病や入れ歯の相談ができます

・薬剤師:薬の管理が不安…
薬の一包化や服薬カレンダーでサポート!薬に対する不安や疑問にもお答えします

・訪問看護:通院できるか不安…
かかりつけ医と連携を取りながら、療養生活をサポート!

・住吉区医療・介護連携推進会議

○介護
・居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)
在宅での生活を続けたい…
家事援助や生活介助など、在宅での生活をサポートします

・地域包括支援センター
介護を受けたい。どこに何を頼めばいいのかな…相談内容に応じて、介護士・社会福祉士・保健師などが連携し、必要な支援を行います

・老人クラブ・ボランティア等
いつまでも元気に暮らしたい…地域住民の交流を深めるとともに、運動など介護予防にも取り組んでいます

・在宅医療・介護連携相談支援室

■住吉区医療・介護連携推進会議
医師会・歯科医師会・薬剤師会・病院・訪問看護・介護保険事業者・地域包括支援センターなどで構成し、区民の皆さんにとって必要な医療や介護を適切に提供することができる、分かりやすく便利な仕組みづくりをめざして活動しています。
「すみよしエチケット集」を発行しました!
多職種間で医療・介護の連携が円滑に進むように作成した資料です。エチケット集にも掲載している「医療・介護連携シート」は、医療・介護の関係者のつながりを作り、ご本人・ご家族の意向に沿った支援に繋げます。「すみよしエチケット集」は、区ホームページからダウンロード可能です。
【HP】https://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000387382.html

■在宅医療・介護連携相談支援室
支援を必要とする高齢者が住み慣れた地域で生活が続けられるよう、医療・介護の橋渡し役であるコーディネーターが、医療・介護関係者等からの相談に対する支援や関係者間の連携の調整、情報提供を行っています。

在宅医療・介護の連携に関する相談に応じます!
・近隣の介護事業所を紹介してほしい
・訪問診療や往診を行っている医師を探したい
・住吉区の医療サービス情報を知りたい
受付時間:平日9時~17時(祝日、夏期、年末年始を除く)