初の司法取引事件、元取締役に有罪判決

©一般社団法人共同通信社

 司法取引制度が初適用されたタイの発電所に絡む贈賄事件で、不正競争防止法違反罪に問われた三菱日立パワーシステムズの元取締役内田聡被告(65)に東京地裁は13日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。