名取裕子×麻生祐未「カクホの女2」に加藤雅也、大東駿介らがレギュラー出演!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で10月18日にスタートする金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」(金曜午後8:00)に出演するレギュラーキャストが決定した。

同作は、2014年4月にスタートした「マルホの女~保険犯罪調査員~」で共演した名取裕子と麻生祐未が、18年1月からの「特命刑事カクホの女~保険犯罪調査員~」で再びタッグを組み、今回はその第2シーズン。名取演じる警視庁入庁以来人事一筋で、捜査は素人だがその洞察力で事件をひも解く警察官・北条百合子と、麻生演じるノンキャリアではあるが県警一の捜査実績を残している現場たたき上げのクールな刑事・三浦亜矢の凸凹コンビが、真犯人をカクホ(確保)していく。第2シーズンでは、三浦(麻生)は神奈川県警本部から所轄の副署長に着任。出世のように見えて、その実態は窓際の事務仕事ばかりでうっ屈とした日々を過ごしていた。そこに定年退職した北条(名取)が嘱託刑事として現場復帰してくるところから始まる。

まず続投が決まったのは、前作で百合子が追っていた事件の黒幕だと発覚するも、まんまと逃げおおせ、国際テロリストとして世界のどこかで暗躍する逃亡中の指名手配犯・如月光太郎役の高橋克典。高橋は「前回のseason1の終わり方において、如月は含みを持たせて終わっているのでSeason2での登場が楽しみです。今回はすっかり悪役として登場する如月で、ドラマにエッセンスを増せることができればと思います」と意気込みを新たにした。

さらに、今作の新しい舞台である神奈川県警横浜臨海署のメンバーには、豊富な経験と確かなスキルで捜査の手助けをするが、暇なときは署内でなぜか料理を作って楽しんでいる鑑識係・竹宮圭介役に加藤雅也。若くして横浜臨海署の署長というキャリアを手に入れたが、いかにもゆとり世代らしい覇気のなさを感じさせる城田正樹役に大東駿介。捜査を仕切り亜矢をつまはじきにする嫌味な強行犯係係長・浜口洋二役を正名僕蔵。ささいなことで亜矢に弱みを握られしょっちゅう呼び出されてはアゴで使われてしまう強行犯係・黒木達也役を小野塚勇人。百合子の警視庁時代からの相談相手で幅広い人脈と権力を持つ警視正・芹沢隼役に長谷川初範が決まった。

加藤は「今回は人生の優先順位の第1位が子育て、第2位が趣味の料理、第3、4位がなくて第5位が早寝という、仕事よりも子育てに没頭する鑑識係という役に挑戦します。女性刑事2人が活躍する刑事ドラマにスパイスを利かせる存在になるように、いろいろと考えています」と自身の役柄に期待している様子。また大東は「僕の好きな役者さんもたくさん出演されていて、その中で僕みたいな者が署長という位置で皆さんとお芝居できるというのが、すごくやりがいを感じるし、楽しみなところであります」と本作への出演を喜んでいる。